なぜ若者が集う!ONEれいほくに1週間滞在してみた!~2日目~

どうも!はるぼーです。
さて、ONEれいほく滞在2日目は朝起きてお腹がすいた~ということで嶺北の本山町にある「さくら市」にやってきました!

こちらがさくら市

そしてこの中にある素敵なパン屋さん、Reihoku Farmer’s CAFE

どのパンもめっちゃもちもちしててとても美味しい!!
4つ買ったのですが…全部一回の食事で食べてしまいました…テヘペロ(^^♪

その後はシェアハウス「わんく」にて待機していたのですがせっかくのいい天気なので 高知名物の沈下橋を見に行きました。

沈下橋って何?って方はWikipediaで見てみてください。(丸投げ)

低いのが逆に風情がありますね~。

お散歩から戻ってきた後はだいちハウスへ!看板がかわいい!!

鶏がお出迎え!! この小屋も滞在者が建てたのでしょうか。

写真は撮っていませんがこの日はみんなだいちハウスの中でMacBook で作業をしていました。

カタカタカタカタ…

年度末の忙しい時期に来たはた迷惑な男、酒井春樹
しかし僕はONEれいほくの作業を手伝うことができません。
ですからちょうどこのブログを始めるための準備をしていました。一人でやっていたらなかなかやる気も出ないと思うので逆に良かったですね!

そして夜はなんと人生初の薪割り!そして薪ストーブ、薪風呂!
火を見ると落ち着きますよね。火がある暮らし…羨ましいです!

ナタを使って薪割り!ですが固くてなかなか割れませんでした…とほほ…

火がついたあとも定期的に見に行かなければならないため、
慣れていないと大変だなぁと感じました ONE れいほくのブルゾンみきおさんが 詳しくブログに書いています。

だいちハウスのお風呂の沸かし方

お風呂が沸くまで3時間ぐらいかかってしまいましたが達成感が半端なかったです!
満足してぐっすり寝れましたzzZ 標高600 M は寒かったけど。

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

高校卒業後、やりたいことが見つからず工場作業員として働くも環境や現状に疑問を持ち転職を決意。人に関わりたい!と資格を取得し意気揚々と転職活動するも撃沈。 落ち込んでいた中でボランティアと出会い、人々との関わりを経て「人に寄り添う人になりたい」と気づいた25歳。 2018年4月から長野県 泰阜村にて第25期 緑のふるさと協力隊として活動予定。